良い美容師になるには

良い美容師になるには

美容師業界も長引く不況の影響と業界の過当競争のために厳しい状況になっております。

 

そのような状況ですので一時期の様にカリスマ美容師が現れて、それに憧れて美容師を目指す人が多かった時代は下火になりましたが、それでも美容関係の仕事が好きな若者たちは多く居ます。

 

今でも美容師は若者たちの憧れの職業ですが、美容師になるためにはどのような勉強の過程が必要かについて記します。

 

 

 

美容師を目指す若者たちは、初めに美容関係の専門学校に入学して卒業する必要があります。

 

無事に美容学校を卒業できますと美容師のための国家試験に合格して初めて美容師としての資格が取得できます。

 

美容の専門学校には昼と夜のクラスがありますが、そのほかにも通信教育でのクラスもあります。

 

これらのクラスの中から自分にとって都合良いものを選んで決められた単位を勉強します。

 

 

 

美容学校に於いて美容師法という法律で決っている必要単位を学びますと卒業できます。

 

卒業後できれば学科と実技の試験の受験資格が得られます。

 

この国家試験に無事合格出来れば晴れて美容師免許がもらえます。

 

しかし、本当にはこれからが実際の美容師になるための出発点になります。

 

 

 

免許の取得後は、どこかの美容院に入店して見習いとしての修行が始まります。

 

見習い期間中は掃除、洗濯などの初歩的な仕事から始まって様々な雑用を行います。

 

これらの見習い期間中に「言葉使い」や「礼儀・挨拶」などの基本を身につけるのです。

 

この様な基本を身につけたのちに、店内でのシャンプーテストで認められて初めてお客様の髪に触れるようになるのです。

 

このような段階を一歩ずつ覚えて美容師として実際の仕事が出来る日を忍耐強く待ちます。