締めのスタイリング

締めのスタイリング

パーマにしても、カラーリングにしても、カットにしても、最後は必ず美容師さんの手によるスタイリングで決まりますよね。

 

 

 

スタイリングによって、それまでとはまったく雰囲気が変わってしまうので、スタイリングはとても重要です。できるなら、美容師さんのスタイリングの技術や、美容室で使っているスタイリング剤(ムースやジェル、へクリーム、ヘアスプレーなど)を参考にしたいものですね。

 

 

 

プロではないので、自分でカットやパーマはできないにしても、仕上げのスタイリングぐらいは、美容師さんがどうやって最後にキメてくれるのかをじーっと観察して、家でも実行してみたいものです。その際、ぜひ美容師さんにたずねてほしいのが、スタイリング剤はどういうものを使っているのか、です。

 

 

 

「とてもかっこよく決まりましたね。スタイリング剤は何を使っているのですか。」とたずねてみてください。そうすると、「あ〜、これはジェルとクリームが混ざったタイプのスタイリング剤でね、ジェルのように固まりすぎないのですごく使いやすいんですよ。ネットで購入できますよ。」など、いろいろと教えてくれるものですよ。

 

 

 

でも、短くてボサボサだった髪も、スタイリング剤を髪になじませて、すこし手ぐしで整えるだけで、あら不思議!今風のかっこいいショートヘアに早変わり!なんてこともあるので、スタイリングはとても重要なのです。

 

 

 

せっかくきれいに仕上がったパーマも、スタイリング剤を何もつけずにいたら、髪にツヤが出なくてイマイチに見えてしまいますよね。スタイリングひとつで、髪の印象がだいぶ変わってしまうものなのです。あなたも、美容室のスタイリング技術を獲得して、いつもキメてみませんか?