シャンプー台での気まずさ

シャンプー台での気まずさ

美容院でシャンプーをしてもらう時間というのは本当に気持ちのいい時間です。他の人に頭を洗ってもらうってこんなに気持ちがいいんだと、毎回思ってしまいます。

 

 

 

しかし美容院慣れしていない人にとっては、少し気まずい時間でもあるそうです。まず、顔に水がかからないようにかぶせられる布。

 

 

 

あれが斜めになって落ちそうなときとか、目が隠れていなくて片目が見えている状態になってしまったとか、どうしようって思ってしまいますよね。

 

 

 

美容師さんがすぐに気がついてくれたらいいんですけど、そうでない場合は寝るふり、気づいていないふりをするしかありませんね。

 

 

 

「かゆいところありませんか」と聞かれて、どう答えればいいかわからないという人もいますが、簡単なのは頭を縦に振っることによって「ない」ということになります。

 

 

 

シャンプーが上手な人に当たればいいのですが、中には習いたてのへたくそな人に当たる場合もあります。あんまりひどいようでしたら、髪を切るスタイリストさんに一言言っておきましょう。