ヘアカラーとヘアマニキュア

ヘアカラーとヘアマニキュア

ヘアカラーとヘアマニキュア、髪の毛を染めるという目的は同じですが配合されている成分や髪へのダメージ、持続力などはそれぞれ違います。
どちらがより自分にとって合っているのかを考えながら選ぶようにしましょう。

 

だいたいの美容院では髪の色を染めたい、と言われればヘアカラーかヘアマニキュアをおススメします。
この2つの大きな違いと言えば、持続力です。
ヘアカラーは髪を脱色して外側はもちろん内部にも色を付けますが、一方のヘアマニキュアは髪の表面に色を付けコーティングする方法となります。
ヘアカラーは内部まで色が付きますが、ヘアマニキュアは表面のみに色が付くので当然ながらヘアカラーのほうが長持ちします。
ちなみに期間にするとヘアカラーは約2カ月持つのに対し、ヘアマニキュアはシャンプーをする度に徐々に色が落ち2〜3週間ほどで元の髪色に戻るようです。

 

しかし髪へのダメージを考えるとヘアマニキュアのほうをおススメします。
ヘアカラーには髪の内部のメラニンを脱色するブリーチ作用がありますが、ヘアマニキュアにはありません。
その為、髪への負担があまり無いので頻繁にできるのもヘアマニキュアのメリットでもあります。
定期的に色艶を足せるので常にキレイな髪でいられます。

 

染めた色を長持ちさせたい、白髪をしっかりと染めたいという人はヘアカラーを、短期間で色を変えたい、自然な仕上がりにしたいという人はヘアマニキュアをおススメします。
あとは美容師と相談しながら決めましょう。