コミュニケーション上手

コミュニケーション上手

自分に合ったヘアスタイルにしてくれて、ヘアスタイルの面ではすごく満足しているけれど、なんだかお店の人がそっけなくてこわい感じだから行きたくないなあと思ったことはありませんか。

 

 

 

かといって、お店の人はすごくやさしくていいのだけれど、肝心なヘアスタイルの方が気に入らなくて、あの店には行きたくないし。美容師さんの技術をとるか、はたまた人柄をとるかで、悩んだことはないでしょうか。

 

 

 

技術のレベルはすばらしいのに、なぜか入りにくい美容院ってありますよね。それは、美容師さんのコミュニケーションの技術が未熟だからなのかもしれません。技術はすばらしいのに、人が行きにくい雰囲気をつくってしまっているのだとしたらそれは本当にもったいないことですよね。美容院では、お客さんと美容師さんとのコミュニケーションが非常に重要なんです。

 

 

 

コミュニケーションは、美容院に限らず、商売の基本中の基本といえます。お客さんとコミュニケーションをまともにとれないようでは、客商売は成り立たないと思ってもいいでしょう。逆に、非常に繁盛しているお店というのは、お客さんの心を捉えて、お客さんが喜ぶようなコミュニケーションをしっかりととれているといえますね。

 

 

 

一流の美容師さんというものは、お客さんとのコミュニケーションも上手なものです。お客さんが求めているものや髪で悩んでいることを的確にキャッチして、それを見事にアドバイスしてくれたりします。

 

 

 

たとえば、「もう少し髪が伸びたら、次はこういう髪型にしたらもっとすてきになると思いますよ。」なんていわれたら、「じゃあ、あとしばらくしたらまたこの美容院に来て、この美容師さんにしてもらおう♪」なんて思ってしまいますよね。

 

コミュニケーションのひとつで、お客さんの満足度も倍増するというものです。コミュニケーション上手な美容師さんは美容室になくてはならない存在なのですね。