美容院の基本について

美容室での髪型の伝え方

美容室に行くと、まずはスタッフさんに、どのような髪型にして欲しいかを伝えますよね。その時、みなさんはどのようにお願いしていますか?

 

ヘアカタログなどの雑誌を見せますか、それともイメージを口頭で説明しますか?もしくは、ヘアサロンの美容師さんにお任せしてしまいますか?

 

美容師さんの立場からすれば、お任せは一番プレッシャーだと思います。お客さんとイメージが異なれば、クレームになりかねません。長年通っている美容院であればいいのですが、初めての場合は注意が必要です。実際の髪型を見ながら希望を言ってもらうのが、切る側も切られる側もベストなのではないかと思います。

 

美容院に行く前には、雑誌の切抜きなど、自分のして欲しい髪型がどのようなものなのか分かるものを用意しておくことをオススメします。

 

 

感性にまかせた美容室選び

テレビや雑誌で人気のヘアサロンに入ってみたものの、何か自分がイメージしていた雰囲気とは違うような気がする…という経験はありませんか?テレビや雑誌では良い面しか見せませんので、期待しすぎると「あれっ?」と思うことは少なくないものです。

 

しかし、美容室は雰囲気で判断してしまうのはもったいないです。髪の毛を切ってくれる美容師さんや受付のスタッフさんとのコミュニケーションで判断してみてください。お店の雰囲気は少し位違和感があっても直ぐに慣れると思います。

 

美容院選びだけの話ではありませんが、人と人とのコミュニケーションは本当に大切です。髪を切ってもらうことに関して言えば、自分の髪を切ってもらう間、美容師さんとのコミュニケーションをどうしていますか?

 

親しげに話しかけられるのが苦手な人であっても、自分の希望イメージを伝える時には美容師さんとコミュニケーションするはずです。「この人とは気が合うかな」とかの相性は直感にまかせた方がよいことも多いものです。美容室選びは感性にまかせてみませんか?